都内で活躍している訪問看護ステーションの訪問看護師たちを支援していきます

一般利用者の皆様へ

初めて訪問看護を利用される方へ

「オンリーワンの看護」

赤ちゃんから高齢者まで、どんな状態になっても住み慣れた地域で暮らしたい...
そんな方々を支えるのが訪問看護師です。

私たちはご家族や他職種の方々とともに、あなたらしさを大事にした在宅生活をつくりあげていきます。

貴女が笑顔になれるように。

そこにオンリーワンの看護があるんです。

「訪問看護って何をしてくれるの?」

○認知症・精神疾患のケア

利用者・家族の相談  対応方法の助言  内販薬の管理

○床ずれ、創傷の予防と処置

床ずれ防止の工夫や指導 床ずれの創傷の手当て

○健康管理・介護予防

低栄養・脱水・運動機能低下を防ぐアドバイス

○在宅療養のお世話

食事・水分・栄養管理・排泄・清潔の支援

○ご家族等への介護支援・相談

介護方法の助言 病気や介護の不安の相談

○病状の観察

病気や障がいの状態・ 血圧・体温・脈拍などのチェック  異常の早期発見

○在宅でのリハビリテーション

拘縮予防や機能の回復 嚥下機能訓練 療育

○医療機器の管理

在宅酸素、人工呼吸器などの管理

○医師の指示による医療処置

点滴•カテーテル管理(胃ろう、跨脱留置カデーテルなど) インシュリン注射など

○終末期のケア

看取りの支援 最期まで自宅で過ごせるために寄り添えるケア

訪問看護利用の流れ

①主治医による「訪問看護指示書」の発行

最長6ヶ月の有効期間となります。

②訪問計画

医師の「指示書」に記載のある病名により、利用する保険が異なります。 介護保険はケアマネジャーのケアプランに基づいています。

③契約

④計画的な訪問

ただし、病状の悪化などで連日の訪問が必要な場合は、 「特別訪問看護指示書」により14日間の連日訪問が可能です。 (この期間は医療保険の適用となります。)


訪問看護利用の流れ「オンリーワンの看護」

訪問看護普及啓発リーフレット(pdf)は東京都福祉保健局のサイトからダウンロードできます。


 

訪問看護Q&A

訪問看護って?

看護師が皆様のご家庭に伺い、疾病や障がいをお持ちの方や、 高齢の方が住み慣れたご家庭や地域で安心して暮らせるように 主治医の治療方針•指示やケアプランによって看護やリハビリを行います。

訪問看護は誰が来てくれるの?

看護師•保健師•助産師•准看護師が訪問看護を行います。 また、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が必要に応じて訪問しています。 看護やリハビリの知識• 技術をもつ専門家が担当いたします。

どんな人が受けられるの?

疾病や障がいをもち、ご家庭で生活をされている方、 また、ご本人だけでなく、支えているご家族もサポートします。 訪問看護を必要としているすべての方が対象です(赤ちゃんから高齢者まで)。

料金はいくらかかるの?

各種健康保険•介護保険を利用することができます。 原則介護保険が優先となります。ご利用される保険によって、 自己負担金は異なります。


例)介護保険ご利用の方で週1回30~60分のご利用の場合

月に 4,500~5,000円程度 (1割負担の場合)

どうすれば訪問看護が受けられるの?

主治医や病院の相談員、地域包括支援センターや ケアマネジャーにご相談ください。また、訪問看護ステーションに 直接ご相談いただいても構いません。

訪問看護ステーション一覧

  

PAGE TOP